スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TombRaider Legend 感想

TPSだけどね。

トゥームレイダーシリーズはPSで1か2を少しやった事があるぐらい。
その時に独特の操作性とあまりの難易度に挫折したが、世界観は
凄い好きでいつかクリアしたいと思っていた。

2010年夏か冬にセールでAnniversary / Legend / Underworld が
安く売られていたので購入。

物語はララの子供の頃に遭遇した出来事や成長してから探検した
時の出来事などが主軸に進む。

難易度は普通でプレイしたが、難易度変更にともなう違いが何かは知らない。
おそらく敵の強化・アイテム減少・ボス強化などだろうか。

PS時代のは半歩バックしてダッシュしてジャンプなど独特の操作性が
難易度をあげているが、ゲーマーからしたらそれが面白みの一つでもあったと思う。
今回はある程度適当な位置からジャンプしても手すりにつかまる事ができる。

また、ムービーシーンもWASDボタンを押して回避しなければならない場面が多々あり、
ムービーだからと油断できない。(何度油断して死んだ事か)

グラップルというロープつかって引っ張ったりそれでターザンのように移動したり
新鮮味はあるが、あまり多く使う場面はなかったと思う。

シューターとしてはおまけのおまけレベルで考えたほうがいい。
どのみちトゥームレイダーにシューター部分を求めるのはお門違いというものだ。

詰まった部分:
一部ボスの倒し方・バイク操作

悪い点:
カメラワークがいけてないと評判だが、少し気になる程度だった。
ただ、バイク操作時は切れそうになるぐらい悪い。
マウスでカメラ視点を移動することができず、バイクが左右に動く際に
あわせてカメラも移動する。
これで最悪真っ直ぐ走っているのにララの横顔だけしか表示されないため、
次にどこ移動していいかわからない事などもあるのだ。

気になった点:
謎解き部分でほとんど悩む事なくクリアできた事が逆にすっきりしない。
幻影を追っかけているのかわからないが、以前のトゥームレイダーは
もっと難しかったはずだから。
まぁAnniversaryやUnderworldが残っているのでそちらも順次プレイしていきたい。
プロフ

りぷととん

Author:りぷととん
スイーツとFPSが好物の社会人です。
実況や配信をしています。
SteamID:liptoton

twitter
ustream
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。