スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14T-28T、11T-32T、RD-6800-GS、HG700 で 14T-32T を作成しよう 後半

たいそうな事書いてっけどやることはただ2つのスプロケを半分ずつ組み合わせるだけ

ハブに一応グリス塗っておくか
hub2
11T-32Tから 25-28-32 を入れる
32-28-25

11T-32Tから 20-22 を入れる。当然だが歯並び綺麗だ
22-20

14T-28Tから 14T-19T を入れる。なんか歯並びが > みたいになってて美しくない
これがシフトチェンジの時にどれぐらい影響出るやら
14-32-2
14-32

左14T-32T 右11T-28T やっぱ32Tはでかいな
14-32-3

まず既存の RD-6800-SS を外し、RD-6800-GS を取り付ける
この時ディレイラーハンガーに取り付けるネジ切り部分はグリスアップしておく
old-rd-6800

現行のチェーンじゃ長さ足りないから専用工具で切る
300km程度しか走ってないし何かあった時を考えて保管しとく
old-11s-chain

28T以上のスプロケでチェーンの長さを決める場合、フロント アウター、リア ローでチェーンを巻いて
そこから2コマ足した長さらしいのであわせる
単純計算してコネクトピン抜くとアウタープレート同士で接続できないとか起きるので
そのへんは注意すること
ハンガーでも硬めの針金でもいいけど画像中央付近のチェーンを繋いでいる道具は便利なんで
持っておくとストレス要因が減るね
11s-chain

KMCのミッシングリンクは公称1回まで(意味ねえじゃん)取り外し可能らしい
そうはいっても何回か大丈夫だろうけど、念には念を
link

本当はワイヤーを使い回すとかしないほうがいいよ
だいたいこのワイヤー緩めたり調整する先の黒細いキャップはなんなのかと
通しにくいったらありゃしない
シリコンスプレーで即解決したけど(ワイヤー先はほつれないよう後日キャップ付けました)
IMG_3973.jpg

一応接続できた。あとはディレイラーの調整
実はあまりまともに調整した事がなかったので一番苦戦した
ワイヤーの引きが弱く、ロー側に全然いかないのを解決するのに時間がかかった
どっかのサイトにあった「ディレイラーを押しながらワイヤーを固定するといい」の通りにやったら
すごくしっくりきた
圧倒的感謝である
up2

この調整するやつ1刻みごとに変速の具合がかわるから驚いた
同時に11sだからなのか調整がシビアだと感じた
up3

フロントからリアまでの全体図
ケージが長いのがよくわかる
zentai

コメントの投稿

非公開コメント

プロフ

りぷととん

Author:りぷととん
スイーツとFPSが好物の社会人です。
実況や配信をしています。
SteamID:liptoton

twitter
ustream
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。