スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SINGULARITY 感想

ソ連が爆発事故起こし、それをアメリカが偵察いったらひそかに開発していた
TMD(時間を操るデバイス)を主人公がゲットし、TMDを使って物語の真実を探る感じ。

DeadSpaceがあらゆるゲームのいいところをパクり、それを昇華したのに対して
こちらは昇華しきれなかっのが印象としてあった。
いいところをパクり、それをアピールしすぎるとどうしても重たく苦しいものだ。
前菜、メイン、デザートのように物語もアクションも起伏は大事だと思う。

正直俺はゲームを選ぶセンスがないのではないかと思うようになってきた。
というのもTheBALLもSINGULARITYも人の配信を見てからではなく、
これは絶対面白いぞと思って買ったもので萎えたから。

似てるなと思った点
・映像と武器強化はBIOSHOCK
・シューター部分にジェリコ(弾を誘導)
・物をつかむ感じはHALF-LIFE2

駄目だと思った点
・武器少ない、強化部分少ない
・去年発売とは思えないしょぼいグラフィック
・ボスがしょぼすぎる(ワンパターン)
・銃音がしょぼすぎる(これ本当にひどいよ)
・時間を操ってパズルで進む部分を期待していたが、思ったよりパターンが少ない

逆にいえばBIOSHOCKとジェリコとHALF-LIFE2をやっていない人にとっては
面白いと思えるかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフ

りぷととん

Author:りぷととん
スイーツとFPSが好物の社会人です。
実況や配信をしています。
SteamID:liptoton

twitter
ustream
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。