スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14T-28T、11T-32T、RD-6800-GS、HG700 で 14T-32T を作成しよう 前半

物は揃った(と思っていた)
set

続きを読む

11Tなんて使わねえよ。CS-6800(ULTEGRA) 14T-32T への道のり 後半

結論からいうと、俺も結局カセットスプロケット2とリアディレイラーを注文しました。
お店に全部のパーツが無かったのも理由の一つだけど、だいたいスプロケットって500円で、
それに黒プラスチックの間座が400円ぐらい。
1枚買うのに1000円ぐらいかかります。
スプロケ2個=14000円 バラ買い12000円ぐらい

スプロケ2個のほうがパーツ余って予備にもできるしさ。

まだ届いてないので、届き次第セッティングして結果報告をしたいと思う。

あと、14T-32T以外でメーカー非推奨のスプロケを組み合わせようと思っている人は
マニュアルをしっかりみないとお店で「え、どれ買えばいいの?」ってなる。

この画像はシマノのマニュアルから情報を抜粋したもの。
同じスプロケットでも a とか b とか c とかある。

CS-6800

よーく見ていけば関連性がわかってくると思うんだけど、説明がむずいわ。
スタンダードな 11T-23T をベースに、何か変更があるたびにそのスプロケは
モデルが変わるっていえばいいのかな。

11T-23T / 11T-25T で比較すると、変更があるのは 17T 以降。
17T から 18T を飛ばして 19T になると歯の間隔がズレるため、
その修正から 19T-b というモデルを採用している。

でも 19T-21T の繋がりはどっちも一緒じゃん、と思うかもしれないけど
19T-b は 19T-a とは別のため、21T もそれ(19T-b)に適した 21T-b を
用意する必要があった。
じゃあ何故 23T-b から 25T-a なの?bじゃないの?という疑問は
25T の登場がこの時点では"初"だから。

こんな感じで理想のスプロケットを組み合わせていくと結局消去法で
先人のブログと同じ構成になってしまう。

ところで、ジュニアスプロケットとして発売している 14T-28T は
変速時に衝撃が多かった場合はBテンションボルトの調整でなんとかしてくれと
マニュアルに書いてある。
クロスレシオなのになんで?と思っていたけど、このスプロケ毎にモデルが
あることで理解。(あってるかは怪しいけど)

21e はここで初登場なのに 23-25-28 のスパイダーアーム部分が他モデルと共通。
ここの変速が渋いんじゃないのかなと予想。
あと、14b-15a も今までと違うから気になるけど。

ここまで調べておいて先人と同じ結果になったのはなんともいえない気持ちだ。

11Tなんて使わねえよ。CS-6800(ULTEGRA) 14T-32T への道のり 前半

久々にブログを書くんだけど、だらだら書いてるのは嫌(見る側視点)だし俺の気持ちを余すところなく
わかってほしい(書き手側視点)のせめぎあいです。

タイトルの件ですが、前々から俺はスプロケに不満がありました。
1)11T や 12T が出番少ないのに居座ってやがる
2)F 52T/36T で R 14T-28T では勾配13% は辛かった

1)の解決策はジュニアスプロケット(14T-28T)の導入でおしまい
before) 11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28
after ) 14-15-16-17-18-19-20-21-23-25-28

普段使うであろう 16/18/20 が追加されて平地と緩い坂がより快適になるじゃない?

上でも書いたけど、自分はノーマルクランク(52T/36T)ですが、ケイデンス90の場合は
それぞれ速度こんなものになるらしい。
素人がケイデンス90だけ意識してもダメらしいけど、ケイデンス80でも 14T で37km/hです。

F 52T-36T / R 14T-28T


2)の解決策は3つあって
 a)フロント36Tを34Tに変更(メーカー非推奨) 費用は1500円程度
 b)リアを 11T-32T に変更 人によってディレイラー変更も発生なので費用は15000円程度
 c)人間のエンジンを鍛える プライスレス

でも b をやると 1 の問題が復活する。
両方を解決するため行く場所によってスプロケを変更するなんて面倒過ぎてできない。
ディレイラーの調整もしないといけないしね

そんな時に以下のサイトを見つけて「うおお、いいねぇ」と思った。

S-Works Tarmacの変態スプロケット 14-32T


つまり、a の解決方法と似てメーカー非推奨な事をやっている
でも先人が一応使えているという言葉を信じて試そう、と思った。
が、この方法は結構費用がかさむわけだ。

・11T-32T カセットスプロケットを購入 費用は7000円程度
・14T-28T カセットスプロケットを購入 費用は7000円程度
・ミドルケージのリアディレイラーを購入 費用は7000円程度

チェーンも必要かもね。

そこで、もう少し詳しく調べていくとやっぱりシマノ、カセット単位ではなく
スプロケット(歯)単位でパーツを売っているじゃないか。

これで実績のある改造を少しでも安価に抑えられる、そう思っていた時期が俺にもありました。

プロフ

りぷととん

Author:りぷととん
スイーツとFPSが好物の社会人です。
実況や配信をしています。
SteamID:liptoton

twitter
ustream
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。